簿記の通信講座を受けました。

通信講座では答案を返信して添削してもらう

簿記の通信講座を受けました。 学校の授業においては一定期間ごとに確認のテストが行われます。毎日小テストが行われることもあれば、1箇月に1度、数箇月に一度の割合で行われることもあります。それらの結果によって、その生徒がどれくらい理解をしているのかを確かめることができるのです。もし点数が良くなければわかっていない可能性が高いですし、高いのであればそのまま授業を継続してもいいことが分かります。それ以降については自分で学んでいくしかありません。

通信講座を受けるにあたって、勉強の習熟度合いはどのようにしてチェックするのかがあります。以前から取られていた方法としては、テキストが送られるたびに確認テストのようなものがありそちらに解答をして送付します。レポートなどのようになっていて文章を作成することもあります。それは次のテキスト送付の時などに返送してもらえます。ですからどこが間違っているか、理解をしていないかを指摘してもらえるようになっています。

理解が少ないと思われるなら解答用紙に先生の方からどの部分をもう一度勉強しなおしてくださいや、この部分の理解ができていないと思われますなどの情報をもらうことができます。それを参考にしても勉強し直すことができます。

Copyright (C)2022簿記の通信講座を受けました。.All rights reserved.